さりゅさん

ニコニコ動画に、ワーネバの動画やゲーム実況動画をあげている人のブログです。

その他ゲーム

「ぷよぷよ7」で遊んでました。感想。

こちらの記事も以前作ろうとしていたゲーム感想ブログの引っ越し記事です。
書いたのは2014年3月末頃でした。
もともとコンパイルから出ていたぷよぷよ通やSUNをよく遊んでいたのですが、
スマホゲーのぷよぷよ!!クエストを遊んでいて、
最近のキャラを知りたいと思ったのがきっかけでしたね。

--------------------------------------------------------------

◇ゲーム紹介◇
言わずと知れた落ちものパズルゲームです。
昔はコンパイルから発売されていたのですが、
いろいろあって今はSEGAから出されています。
このぷよぷよ7以降も、ぷよぷよ!!20th anniversaryや、
最近だとテトリスとのコラボ作品、ぷよぷよテトリスが出ています。
(もっとも、この二つはどちらもお祭り的な作品のようです。)

ぷよぷよ7の主人公は
コンパイル時代のアルルや
フィーバー時代のアミティではなく、
新キャラであるりんご。
アルルもアミティも魔導が当たり前に存在するような
ファンタジー世界の住人でしたが、
我々の住んでいる現実世界に近い「地球」の中学生。
空間の歪み的なものが現れて、
ぷよを消す力を得たところから物語が始まります。


続きを読む

「ソルフェージュ~Sweet harmony~」をプレイしてました。感想。

あるときから、とんでもない量の積みゲー
(買ったはいいがクリアしていない、手を付けていないゲーム)を
抱えてしまいました。
それを消化するモチベーションになれば、と、
ゲームの感想に特化したブログを作るつもり…だったのですが、
3記事くらいで頓挫してしまいまして…

いろいろ考えて、こちらに統一してもいいかと思って、
記事を引っ越すことにしました。

こちらはそのブログの引っ越し記事です。

2014年の3月くらいに書いていていたので、
時事的な話題が出てきたら、その頃のことだと思ってください。
-------------------------------

記事の性質上ネタバレが含まれますので、
閲覧の際はご注意ください。



◇ゲーム紹介◇
いわゆる百合ゲーです。
お嬢様女子校が舞台の友情と恋愛のお話です。
公式でいうジャンルは「ミュージックADV」、
CEROは「B(12歳以上対象)」です。

(個人的には恋愛描写のあるゲームは
大体12才以上対象になっていると思っています。
CEROの関係者ではないので、
どこから線引きされるのか分かりませんが、
水着やキスの描写くらいまでだったら「B」なのかと思っています。)

パラメーターの調節などがは必要なく、
選択肢によってのみ、物語が分岐していきます。
作中にミュージックパートという、
いわゆる音ゲーのようなミニゲームが挟まれますが、
この成績は物語に一切影響しませんし、
スキップすることすら可能です。
けれど、個人的にはこのゲームで
一番面白いところだと思っています。

もともとはPCゲームですが、PSPに移植(Sweet harmony)されるにあたり、
既存のキャラクターの追加エピソードと
新たなキャラクターの物語が追加されています。
現在はさらにPC版の「La finale」が発売されています。
Sweet harmonyからさらに主要3人について後日談が追加され、
新曲も追加されているとか。
私はプレイしたことがありませんが、
PC版はPSP版と比べてミュージックパートで
使用するキーが多いためかなり難しいらしいです。



続きを読む

「仮面の勇者~心の迷宮RPG~」というゲームで遊んでました。感想。

↑公式Twitterです

■ゲームに出会った経緯

既にご存知の方も多いと思われますが、
ワーネバシリーズの最新作、「エルネア王国の日々」が配信されました。
まだ現時点(2015/07/21現在)では、Android版だけですが、
iOS版も配信が予定されており、現在、配信申請中だそうです。
(詳しい配信状況などは公式HPでご確認ください)
制作は、ナルル王国物語やククリア王国物語と同じアルティさんですが、
配信は、コアゲームスさんです。
そのコアゲームスさんで配信されている別のゲームが、
これから書く「仮面の勇者~心の迷宮RPG~」です。
私のスマホのOSはAndroidなのですが非対応機種なので遊べず、
iPadで遊べたらいいなぁとiOS版の配信を待つ中で
このゲームに出会いました。


■どんなゲーム??

AndroidとiOSで遊べる、基本無料のRPGです。
(コンティニューや装備の最大所持上限を増やしたり、
ガチャを回す際に用いるジェムを購入することもできます)
落ち物系ではないパズルの要素もあります。

システムに関しての詳しい紹介は
こちらの記事が参考になるかと思います。
(アプリゲットさんのレビュー記事です)

攻略のコツについては、
「仮面の勇者」制作プロデューサーのブログ
もっとも参考になるかと思います。
特に、

【攻略5】能力アイコンの配置について【超重要】
【攻略7】スイッチの秘密

この2つの記事はゲーム内に説明こそないものの
パーフェクトをとるうえでかなり重要なテクニックなので、
ぜひぜひ目を通してみてください。
(特にモンスターの攻撃が厳しくなってくる割に
よい防具が手に入らない中盤の終わり頃などは
レベル上げなどをしない限り、
パーフェクトをたくさんとってゴリ押す必要があるので)

なんと言っても、その名の通り、プロデューサーさんのブログです。
攻略情報だけでなく、制作の裏話などもあり、
非常に興味深いです。
読んでいると、この作品に対する深い愛情がひしひしと伝わってきます。


■ここがよかった!


(1)エンディングを迎えることによって得られる達成感

最近の基本無料タイプのアプリゲームにも
しっかりストーリーがついているものがありますが、
このゲームには配信開始時からエンディングまで
しっかりと実装されています。
終わりがなかったり、伏線を残しつつ一区切り…
というゲームも、決して悪いわけではありません。
ですが、「ひとつの区切り」ではない、
「エンディング」を迎えることによって得られる達成感は、
しっかりとしたストーリーと
明確なエンディングがあるゲームでなければ味わうことはできません。

このゲームの見習い勇者・アレックスくんは、
多くの悩みを抱えていて、
ゲーム開始時にはひきこもりがちな普通の少年でした。
そんな彼が義務ではなく、
自分の意思で『勇者』になると決めたときは
「よくぞ言ってくれた!」と感動しました。
戦闘の際には最後までビクビクしているのですが、
それがまたリアルでしたw

(2)等身大の勇者たち

アレックスの住む世界はファンタジーの世界で
彼は勇者の末裔ではありますが、
その悩みの数々は、実に等身大。
勇者の末裔とはいえ、平和な世界の中で生まれ育った彼は
普通の男の子と変わりません。
何度も心が折れ、挫けそうになってしまいます。
そのたびに彼の心を知る「ひきこもりクエスト」が発生します。

20150721_142204000_iOS

プレイヤーの分身は一応、指南役の先生なのですが、
ときにはアレックスであり、
また、アレックスの父親でもあるかもしれません。

このひきこもりクエスト、
いつでも「思い出」で振り返ることができるのですが
私のお気に入りは、終盤の父親とのエピソード2つです。
完全にゲーム開始時のアレックスになってしまったのは
父親が原因だということは序盤のエピソードで
いやというほど分かるのですが
そんな『父親』になってしまったのにもわけがあって…
いくらアレックスくんを応援しても、
この父親をどうにかしないとこの先キツイだろうなと思っていたので
終盤で和解できてよかったです。

(3)ほどよい難易度

アレックスくんをクエストに行かせると、
道中と戦闘で先生が下画面の迷宮を移動していくわけですが、
その際に、9マスすべて同じアイテムをとり、
10歩目でゴールすると「パーフェクト」が発生します。

IMG_5113[1]

パーフェクトをとるとボーナスが発生して
確実に「大ハート」がもらえます。
これはガッツ(他のRPGでいうところのHPのようなもの)が0になると、
ガッツ50の状態で自動的に復活できるというアイテムなのですが、
モンスターが強くなり、相手の一撃一撃が重くなると
これを上手くとれるか否かで戦況がかなり変わります。
特に私は中盤の後半、具体的には
勇者の鎧を手に入れる手前が一番の苦戦ポイントだったので
(防御力が低いのでモンスターの一撃が激重でしたw)
「次にパーフェクトをとるには、今どう歩けばいいのか」、
「敵の攻撃によって食らうダメージがこれくらいだから
このターンは回復をいくつとらなければ…」など、
いろいろ考えながら迷宮を移動していました。

運に左右されることも多いのですが、
アイテムが出現する癖などもあって、
うまい具合にやると
パーフェクトがとれるような配置が
結構な確率でくるようになります。

ただ、パーフェクトによる大ガッツがとれるのは
パーフェクトをとった次のターンなので、
すぐに戦況が変わるわけではない、というのが
残念でもあり、ミソでもあります。

また、勇者の鎧が手に入る前はちょっと辛いですが、
それを過ぎるとかなり楽になるので、
基本的にガチャいらずでクリアできるのもいいです。
そのガチャにしても、10連ならSSレアが4つ確定だったり、
Sレア以上は、全てが揃うまでカブりなしだったり、
昨今のスマホゲーのあまりよくない点を
ユーザーに優しく改善していて好感が持てました。


他にもアレックスを見守る近所のおばさんや、
おそらくは彼なりに応援しているいとこ、
儀式で役割を与えられている長老たちなど、
平和な世界ならではの
コミカルなかけあいも面白かったです。

■ちょっと残念だったこと

(1)肉の最大数が固定

「肉」というのは、クエストを実行するために必要な
他のゲームでいうスタミナみたいなものなのですが、
これの最大数は5で固定されています。
序盤こそ肉消費量は1ですが、
中盤になると2、終盤になると3になります。
(最終盤に解放される素材クエストでは4)
15分で1回復するので、
すべて使っても1時間ちょいで全回復するのですが
せめて最大数がもう1つあって、
終盤のクエストを1度の起動で2つできたらいいなぁと思います。

2015/07/24の更新により、
アレックスくんのレベルに応じて肉の最大値が増えるようになりました。
参考までにLv42(私がクリアしたときのLv)では
最大の8個になってました。

(2)勇者の鎧取得前後の難易度

勇者の鎧は、勇者の装備の中で一番最後に手に入ります。
それまでの間は、それ以外の鎧を駆使していくわけですが、
兜や盾などの他の装備は、
メダルを集めることで手に入れられる
魔人やメデューサシリーズが強力なのですが、
鎧にはそれがなく、
また道中で手に入るものを鍛えても弱いです。
そのため、勇者の鎧を取得する少し前では
モンスターから受けるダメージが即死級になっております。
しかし、勇者の鎧が手に入ると
その圧倒的な防御力でそれまで即死級だったダメージも
余裕で数発耐えられるようになるので一気に難易度が低下します。
この差はどうにかならなかったのかなぁと思いました。


■まとめ

以上、残念な点も書きましたが、
昔ながらのよいゲームに
最近の手軽に遊べるという点が融合されたよいゲームでした。
まだプレイされていない方はぜひ、
素直ないい子のアレックスくんを立派な勇者に導いてあげてください。
あるいは、彼と一緒に立派な勇者へと成長していきましょう!

理一郎の行動と鷹斗の言葉の矛盾に関する自分なりの考察

CLOCKZERO~終焉の一秒~というゲームの考察です。
ネタバレというか、全てを知った前提で書いていますので、
これからプレイする予定のある方は続きを読まないことをオススメします。
特に鷹斗と理一郎のネタバレがひどいです。
(終夜、寅之助、円はそれほどではないと思いますが、
うっかりぽろっとネタバレしてしまってる可能性があるのでご注意)


続きを読む

「CLOCKZERO~終焉の一秒~」というゲームで遊んでました。ネタバレ感想。

まとまった休みがあったので、ここ数日「CLOCKZERO~終焉の一秒~」というゲームをやっていました。
ちょっと検索すれば分かると思いますが、いわゆるアドベンチャータイプの乙女ゲーです。
テキストを追っていって途中に現れる選択肢を選んで・・・っていうやつですね。



リンクはPSVita版のもの。

手持ちぶさたになってしまいがちなので、
あまりこういうテキストゲーはやらないのですが、
「主人公が小学生で、小学生と戯れることができる」という他のゲームにはない要素を見いだし購入しました。
(しばらく積んでましたけどw)

以下、ネタバレを交えた全キャラ+最終EDの感想です。

続きを読む
ツイッター
当ブログでは、株式会社アルティが権利を持つ『ワールド・ネバーランド』シリーズの画像を利用しております。該当画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/