これからのスクショは、下でプレイ中の国において、
ちょっと実験プレイしていたときに起こった現象をまとめたスクショや文章です。
本編のこれからの展開とは、おそらく一切関係ありません。
【ニコニコ動画】

(「続きを読む」でGO!)
全体的に個人的なスクショ祭り風にお送りしていきますw

QUKRIA_SS_0031
タイトル「"ボク"ちゃんじゃ、な・い・わ・よおおおおおお!」

相手が女性でもこの挑発台詞なんでしょうし、
ラリサはアートさんの攻撃を受けてうつむいているだけですが、
まるで、男の子扱いされて怒っている(その表現として雷が落ちている)ようですw



QUKRIA_SS_0030
タイトル:「禁断の愛」

ヨランとタラータは本国であるプルト共和国では親子。
Ampj5IZCIAA212B
二人の恋は、いわゆる近親相k げふんげふん。
本プレイでこんなことにならないといいけれど・・・(^^;


QUKRIA_SS_0029
タイトル:「ナンパ師ファン」

いい香りを漂わせて、「すてきな人(=二番さん)」に声をかけるファンの図w

実際には、こちらからファンを褒めちぎって無理矢理恋人になりました。
ファン→アミナのガードも結構固かったですが、既に恋人がいる状態だからか、
ラリサ→ファンはそれ以上。もうあきらめようかと思ったくらいでした。

NPCの立場でファンの1日を観察してみると、平日はずっと畑仕事をしており、
あまり友人とおしゃべりにいったりする気配もない。
これに対して、アミナさんについても観察してみたのですが、
彼女は工芸家で普通の国民のような仕事ができないからなのか、
工芸の材料を1つ集めては、おしゃべりにふらふらと出かけることがしばしば。
でも、彼女の向かう先にはたいてい、彼女の両親、弟、そして恋人・・・。
劇の準主役になるくらいだから人気はあるだろうに、
ファン以外の男っ気はまったくありませんでした。
嫁に貰うしかないだろJK、DK



QUKRIA_SS_0018QUKRIA_SS_0019


QUKRIA_SS_0016QUKRIA_SS_0017

タイトル:「カルナの乙女のつとめなの」

星祭りの日グッズを作るカルナの乙女の姿に密着。
あのグッズはヤーノ市場の協会で作っていたんじゃなかったのかー!
それはそうと、ガブリエラさん、もう屋台は出てますよ!
納期を過ぎてはいないかもしれませんが、迫ってますからね!


QUKRIA_SS_0009

タイトル:「たとえ魔獣がこようが、瘴気が満ちていようが」

いともたやすく行われる えげつない行為!
・・・空気読まないバカップルですみません、魔術師のみなさん(^^;