あるときから、とんでもない量の積みゲー
(買ったはいいがクリアしていない、手を付けていないゲーム)を
抱えてしまいました。
それを消化するモチベーションになれば、と、
ゲームの感想に特化したブログを作るつもり…だったのですが、
3記事くらいで頓挫してしまいまして…

いろいろ考えて、こちらに統一してもいいかと思って、
記事を引っ越すことにしました。

こちらはそのブログの引っ越し記事です。

2014年の3月くらいに書いていていたので、
時事的な話題が出てきたら、その頃のことだと思ってください。
-------------------------------

記事の性質上ネタバレが含まれますので、
閲覧の際はご注意ください。



◇ゲーム紹介◇
いわゆる百合ゲーです。
お嬢様女子校が舞台の友情と恋愛のお話です。
公式でいうジャンルは「ミュージックADV」、
CEROは「B(12歳以上対象)」です。

(個人的には恋愛描写のあるゲームは
大体12才以上対象になっていると思っています。
CEROの関係者ではないので、
どこから線引きされるのか分かりませんが、
水着やキスの描写くらいまでだったら「B」なのかと思っています。)

パラメーターの調節などがは必要なく、
選択肢によってのみ、物語が分岐していきます。
作中にミュージックパートという、
いわゆる音ゲーのようなミニゲームが挟まれますが、
この成績は物語に一切影響しませんし、
スキップすることすら可能です。
けれど、個人的にはこのゲームで
一番面白いところだと思っています。

もともとはPCゲームですが、PSPに移植(Sweet harmony)されるにあたり、
既存のキャラクターの追加エピソードと
新たなキャラクターの物語が追加されています。
現在はさらにPC版の「La finale」が発売されています。
Sweet harmonyからさらに主要3人について後日談が追加され、
新曲も追加されているとか。
私はプレイしたことがありませんが、
PC版はPSP版と比べてミュージックパートで
使用するキーが多いためかなり難しいらしいです。




◇全体的な感想◇
豊富なセーブ数、オート機能、スキップ機能、
ボイスのON/OFF、次のチャプターまで飛ばすこともできる、など
この手のシステム的なところはバッチリでしょう。
1つ惜しい点といえば、
ミュージックパートをスキップする際に
キー入力を受け付けない時間が長い点でしょうか。
(ADVでオートにしている状態で、
キャラクターのおじぎが終わったくらいのタイミングで
スタートボタンを押してリタイアを選択)

メイン3人に関しては、後日談に入ってから、
トゥルーとノーマルENDに分岐するのですが、
この分岐のための選択肢は分かりやすいのに対して、
それぞれのキャラクターのルートに入るための
選択肢が非常にわかりにくいです。
なぜかというと、トゥルー/ノーマル分岐は
主人公のセリフや心情を選択するものであるのに対して
それぞれのキャラクターへのルートの決定は、
行き先を決定するというものだからです。
特にPSP版からエピソードが追加された
琴美のルートへの入り方は分かりづらい…
というか、完全にノーヒントです(x_x;)

大体どのキャラクターもちょっと距離が近づく→一波乱→仲直りでさらに絆が強くなる、
という展開を辿っていくのですが、
一波乱→仲直りの間に、主人公が周りの人に支えられていることを自覚していきます。
これが、まあ、15才、16才の普通の女子高校生が主人公なので
リアルといえばリアルなのですが、
何でそんなことでぐだぐだ悩んでいるんだ、とか、
なぜ早く手を打たないんだ、と、つい思ってしまってイライラしてしまいます(^^;
また、この一波乱の部分も、何となくの不和→決裂と
結構長い期間あるのでますますイライラ…
こっちはもっと楽しそうなところをたくさん見たいんじゃー!w

まあ、こういう思春期を過ごしてこなかったので
主人公の悩みにイマイチ共感できないだけかもしれません(^^;
いや、描写が長いのも大きいような…
これいらんやろー…という部分もあったような気がします。

そういった部分が少なめだった、
追加エピソードの琴美ルートや後輩2人のルートは
比較的ストレスレスで楽しめました。


◆各キャラ雑感(強いネタバレ注意)◆
○すくね
このゲームのメインのお相手と思われるお方。
結構長めのプロローグを見た後では、
彼女以外のキャラクターとラブラブになるとは考えられないほど
のっけから濃厚な交流を見せてくれます。
そんなにいちゃいちゃしていたのに、
一時外国に行っていた主人公が帰国して
彼女と再会すると主人公のことは全く覚えておらず、
そのことに落ち込む主人公…ということから
本編がスタートするのですが、
主人公は、このときにすくね様の様子がおかしい、と
葵様(主人公が同居しているすくねの祖母)に尋ねるべきだったよね、と。
ただの心変わりとか、
何か事情があるんだな…では済まないほどおかしいですからねw
すくね以外では、結局わたしのことは思い出してくれなかったけれど
隣に○○がいてくれるからもう大丈夫という心情を語りますが、
かぐら自身が大丈夫でも、アレは放っておけるレベルじゃないので
すくねのシナリオからすれば相手にされないかもしれないけれど
ちゃんと葵様に言うべきことだよなぁ…

彼女のルートは、なぜすくねがかぐらを忘れてしまったのか、
というこの物語の核心がメインストーリーとなっていたので、
一波乱のシーンもあまり気にならずに読めました。
…かぐらがもっと早く行動しておけよ、ということ以外はw
あと、最初の方であくまでもすくねにこだわるかぐらが
ちほと仲違いするシーンがあるのですが、
ここはいらなかったんじゃないかなー…と。

それにしても前日まで
パートナーが決まらなかったというのには驚きです。
そこまでギリギリだったらさすがにヤバイんじゃ…
そもそも他のシナリオでも補足がありますが、
パートナーがいないのにデュエット部門に勝手に出場が決定されて、
しかもそのパートナーを手配してくれるわけでもなく
自分で探せ、2ヶ月後が本番だからな、って
無理難題すぎると思うんですけどねw
(かぐらが2期生になる頃には発表が9月から6月になります)
というか、外部への発表が9月でも、
内定者には内々に打診はすると思うんですけどねぇ…。
まあ、それはおいといて。

追加エピソードはそれまでの苦労を埋めるように
ラブラブな2人。
他のキャラと違って、後輩2人が登場しても、
すくねが嫉妬してぎくしゃくすることはないし、
かぐらも自分にはすくねがいるのに困ったな、という感じで
2人が喧嘩したりすることはないので安心して見られました。
ただ、なんとなく全体的には、
かぐらの成長(すくねへの依存心をいい意味で克服する感じ)なのに、
トゥルーへの選択肢がすくね様一直線なのに違和感。
いや、かぐらの揺るぎなさを表せているからいいのかな?
他のキャラはノーマルENDでもルートキャラは出てくるのですが、
すくねノーマルの場合は、なんとすくねが登場しません。
別に仲違いしてしまうわけではないのですが、
この作品の中ではバッドに近いENDかもしれません。
というか、檻歌友情ENDみたいな感じです。

全体的にはさすがメインだけあって、
ドラマ性もあり、いちゃいちゃもあり、
主人公の成長もあり、完成度の高いシナリオでした。
ただ、後述していくように記憶を失っているすくねの設定が
他のシナリオと比べると矛盾しているように思えたのが少し残念です。
そもそも、共通シナリオのときに
普通に学苑でフォルテールを奏でていたシーンも
シナリオ内であかされるすくねの真相からするとおかしいのですが…
(あのときに彼女がどこかサバサバした感じだったなら納得できますが)

○ちほ
幼稚舎の頃からの幼なじみ。
すくねやまりルートではかぐらを思いやるあまりに
かぐらの方針と彼女の意見が食い違って、
仲違いを起こしてしまいます。
これがまあ、辛いというか、腹が立つというかw
いや、かぐらもちほも子どもだから
仕方ないと言えば仕方ないんですけどね…
それにしても、正直、中等部時代の
嫉妬ちほはいらなかったんじゃないか、
せめて共通のプロローグからは外すべきだったんじゃないか、とは思います。
(逆に嫉妬するすくねは、あってよかったと思います)

ちほの感想ではないのですが、
すくねルートではすくねがフォルテールを弾けない、
弾いたことなど一度もないと主張するのに対し、
ちほルートでは、パートナーの申し出こそ、
後に明かされる理由のために断るものの、
フォルテールを教えて欲しいという
ちほの申し出を受けてしまうこと。
確かに、すくねの演奏は
共通ルートの入学式の後でないと聴けませんが、
わりと学苑中にフォルテールの名手として名を馳せているんですよね。
うーん、もやもやする…
魔力は失われるものではないし、
元々持っていなければ後で得ることもない的な説明は
すくねルートのときにされるのですが、
獲得はさておき、失われることがあるという設定でも良かった気がします。
(ただ、フォルテールは他の同社の作品にも出てくる楽器なので、
そこらへんの設定は存じないのですが)

話が脱線してしまいました。

ちほルートにおいてはもはや名物といえる
ちほとの対立がないのが特徴ですが、
追加エピソードは別…というか、これは対立ではないのかも。
1期生編では、かぐらの隣にいられればそれでいいと
思っていたちほの本音を聞くことができます。
このエピソードはよかったな~。
ちほルートの追加エピソードはこの作品の中で一番お気に入りです。
ただ、こっちとしては、後輩よりも
ちほを優先する選択肢ばかり選んでいるというのに、
主人公の気持ちがちほ以外にも向いているのでちほが可哀想、と
言われてしまうのは納得がいきませんでした(^^;

あと彼女は音楽家の両親を持ち、
幼少時からいろいろな楽器をやってきたが、
動物が好きなので獣医になりたいという設定があります。
いろいろな楽器が得意でその道に明るいという設定は
ところどころに垣間見えるのですが、
動物好きという側面が見えることがあまりありません。
かぐらの(居候先の)家に泊まるときに飼い猫のミルムと
接することがありますが、
他のルートでかぐらの家に泊まりにくる人物は
たいていミルムを可愛がりますし…
La finaleではどうなんでしょうね?
動物好きというよりも、健啖家の部分の印象が遙かに強いです。

○まり
意地悪な先輩、と思いきや?なキャラ。
ちほルート後であればともく、
すくねルートだけしかプレイしていなかった段階では、
一体彼女とどうやって仲良くなっていくのか
不思議でならないようなくらい棘のある先輩。
まりルートに入った頃も、最初は卒業まで関わりたくないと主人公も思っている始末w
この2人が仲良くなったのは、
かぐらの友人であり、彼女を慕う琴美の行動あってのことでしょうね。
嫌味で棘がある物言いは、
相手の成長を促すためであると同時に、不器用さの現れでした。
生徒会メンバーには彼女の不器用な物言いが微笑ましく扱われているみたいでした。

キャラクターやミュージックパートでのテーマソングは、
随一といっていいほど気に入っているのですが、
前半部分やちほとの結構深い対立があり、
後半部分では彼女の不器用さゆえのすれ違いがあり、
シナリオはなかなかストレスがたまりました。
気むずかしい性格の彼女だから仕方ないのかな?

○琴美
大人しいけど芯のしっかりした同級生。
生徒会に所属していて、寮ではちほと同室という、
かぐらと全てのキャラクターを
つなぐ存在といっても過言ではないでしょう。
彼女のルートではとにかくまりがたくさん出てきます。
まりルートの彼女以上に優しげなまりを見ることができているような?w
後半では琴美がケガをしたことや、
おそらくそれまでのストレスもあって
かぐらに対して「誰にでも優しいのね」と口にしてしまったり
本音を言うシーンがあるのですが、
こっちだって、君とまりとの仲に嫉妬してたわ!と言い返したくなりましたw
いや、仲が良くていいことなんですけどね!w
彼女のシナリオでは1回目は実質自分のせいで
かぐらがコンクールを辞退してしまったわけだし、
2期生になって今度こそはと意気込むところケガをしてしまうし、
天才が現れるしで、心労をかけさせまくりなので可哀想です。
まあ、かぐらもかぐらでもちろん大変なんですけどね(^^;
ケガの元も、琴美は否定するものの、
原因をつくったのはやっぱりかぐらだったわけだし…

○未羽
かぐらが2期生になったときに
外部入学してくる後輩の1人で元気っこ。
すくねルートでは今ひとつ影が薄いですが、
ちほルートでは波乱を巻き起こす原因を作ったり、
かぐらにちほへの気持ちを気付かせたり、
臆病になったちほの背中を押したり、
そのことで失恋することになるわけだけど、
ナイスアシストしてくれる子でした。
彼女専用のルートは一度誰かのEDを迎えた後に現れる
スペシャルストーリーにあり。
同級生や先輩方と違って衝突らしい衝突もなく、
無邪気に慕ってくれるので、
シナリオ自体にストレスはありません。
ただ彼女はいかんせん元気すぎるので、
疲れているときに声を聞くと疲れますw
彼女のミュージックパートの曲は
作中でも高めの難易度なのですが、
それゆえにやりがいがあってとっても楽しいです。

○檻歌
かぐらの後輩の1人。天才フォルテール奏者。
実は彼女の存在がほぼすべての追加エピソードで
波乱を巻き起こすという罪作りな人物。
ただし、彼女に咎はなく、
どちらかといえば、かぐらのうじうじ気質だったり、
かぐらを想いすぎるあまりのお相手の心情による。
同級生や先輩の追加エピソードでは
お邪魔虫っぽい扱いをされてしまうものの、
「天才」に悩む彼女のルートはよかった。
ただ、最初は歌うことで音が伸びていたのに、
いつの間にか歌でごまかすなんて嫌なんだと
言い出したのはどうしたのかと想ったけれど、
これも彼女の中で葛藤があったのかな。
それともコンクール出場を悩むかぐらのアドバイスなんか、
ということなのか…?
個人的に一番最後に彼女のルートで、
このゲームを終えることになったのだけれど、
最後にもってきて良い終わりを迎えたと思います。
彼女とセッションする機会はどのルートでもあるのですが、
ボーカル曲は彼女のルートでないと演奏できない。
(曲自体はすくねの追加曲と同じだけれど、
ボーカルはもちろん、歌詞や譜面も微妙に異なる)

◇まとめ
百合ゲーおよびノベルゲー
(といっていいか微妙だけど、個人的にはそう思う)を
プレイした経験が浅いので的外れかもしれませんが、
まず百合部分に関してはさほど抵抗はなかった…ものの、
作中で誰も同性に恋慕の情を抱いたことに対して
戸惑いを覚えなかったのには違和感がありました。
しかし、どうやらこの世界観は
工画堂スタジオさんの百合ゲーの特徴のようです。
例えば、すくねの家は世襲制ちっくなところが
あるのですが、その当主になる身としては、
当然、跡継ぎ=子どもが必要なわけで、
子どもを生むとなると、かぐらは同性同士だから…、
という懸念があったと聞かされるかと思いきや、
少なくともそういうことは聞かされません。
(まあ、一族の話し合いでそういう話題が
出たかもしれませんけれど)
別にそのことでうじうじ悩む必要はありませんが、
百合どころか、BLゲーもプレイしたことがないのに、
勝手にこの手の話にはつきものかと思っていたので。

またノベル系の特徴なのでしょうけれど、
プレイヤーの介入できる部分が少なく、
自分がしていないことを怒られるという感覚が
どうも肌になじみませんでした。
一応追加エピソードでは、
主人公かぐらのセリフや心情の選択肢が出てくるものの
これが与える影響はあまり大きくなく、
先述した通り、ルートのキャラ寄りの選択をしているにも関わらず、
その態度はどうなのよ、とたしなめられることがあるのにはうーん…。
ミュージックパートの結果も、
クリアさえすれば先に進めるというもので
スコアがシナリオに及ぼす影響はありません。
それがいいと思うこともあれば、物足りないと思うこともあり…。

ミュージックパート自体はアドベンチャーパートだけでなく、
スタート画面から、FreePlayを選ぶことで遊べるのですが、
これがなかなか面白いです。
いわゆる音ゲーは太鼓の達人を昔ゲーセンで遊んだくらいなのですが、
難しいものもあれば、簡単なものもあり、やり応えがあります。
ただ、各曲の難易度選択は譜面自体が変わるわけではなく、
使用するキーが減ったり、
♪がわりと前から流れてくれるだけだったりで、
最適なタイミングは同じですし、あまり意味がなかったかもしれません。
ただ、アドベンチャーパートで登場したものが
フリープレイでも遊べるようになるわけですが、
序盤の共通ルートで登場する「Kaleidoscope」はともかく、
「Little wing」や「Dreamer」は収録曲の中でも
難しい部類にはいる曲なので、
これらの曲自体の難易度を下げてほしかったと思います。
というのも、ルートに入るの難しい琴美ルートの「your're my dear」や、
一度誰かをクリアしないと出現しない檻歌ルートの「shining」が
とても易しいからです。
序盤に出てきたら簡単で、終盤に出てくれば難しい、と
考えるのはわりと普通のことだと思うのですが、
これらの曲が難しくてこの先に絶望したり、
やっとでてきたのに拍子抜けというのではガッカリしてしまいます。

個人的な難易度は
易「shining」(どちらも)
↑「your're my dear」(琴美)
↑「Kaleidoscope」(すくね)
↑「obedience」(まり)
 「Little wing」(OP)
↓「Dreamer」(ゆうな)
↓「Cross road」(ED)
↓「friendliness!」(ちほ)
難「Aozora Melody」(未羽)
こんな感じだと思っています。

ハイスコアを出しても特に何か解禁されるわけではありませんが、
ついついパーフェクトクリア等を狙いたくなってしまいます。
また、ちょっとした時間つぶしにも最適!