ワールドネバーランドシリーズの舞台となる国の一つ、プルト共和国。
ゲームは490年に初代が移住してくるところからはじまります。

プルト共和国から性格に具体的な名前がつきました。
しかし、オルルドのようにプレイヤー側が
現在の積極性がいくつとか勤勉さがいくつとかを
知ることはできなくなりました。
(とりあえず自分が把握しているのは、
オルルド、プルト、ナルル、ククリアなので
オンライン系のものがどうなっているのかは分かりません。
多分、性格名表示かなと思いますが…)
「その名前はあんまりだw」というようなものや
分かりづらいものなどは後の作品で改名されていたりしますね。
(例:ケチ→求道者、ろくでなし→無頼の人→享楽的な性格、
ぐうたら→お気楽さん、ラムサラ好き→のんきな性格 などなど)

さて、プルトは一定の職に就いたり、
一定の称号を得ることによって
ハーム博物館というところに所蔵されている本を読むことができるようになります。
ここしばらく蔵書集めをするためにプレイしていましたが、
ようやくすべてを読むことができるデータを作ることができましたので、
ここらへんで一度プレイを中止しようと思います。
まだ全能持ちを誕生させるという目的が達成できていませんが
それはまたいずれ落ち着いたら。
というわけで、そのときのために人間関係が分かるように
オルルドのときと同様に家系図を作ってみました。

(「続きを読む」で表示。いろいろな意味で大きいです)

プルト

家系図は526年現在のもので
ここに載っている顔グラの成長状態はテキトーです。
まだ幼年の子もいますし、老年入ってるのに若いのを使ってたりもしてます。
また、翌年527年にはバッソとペネロープの間に
4代目となるであろう子も産まれることでしょう。
あと、ロビーとアレクシアはこの家系図を作ったときは
まだ恋人同士であって、結婚どころか婚約もしてませんでした。
続けたら違う子と結婚しちゃうかもしれません・・・

プルトは子どもを作るのにはコツがあって、
正攻法ではなかなか三人目を妊娠すること自体珍しいのですが
それを使えば2代目タラータのようにオルルド以上に子を残すことが可能です。
むしろコツさえ掴めばオルルドよりも簡単かもしれません。

人口が少ないとNPCでも双子以外で
3人、4人の子を産むこともあるようで、
ビーグラのように3度出産したり
レクラのように4度出産したりすることもあるようです。
3代目バッソの妻であるペネロープも4人きょうだいでした。
(後にアレクシアが養子として彼女の両親に引き取られて
5人きょうだいになってました。)

プルトは才能が高確率で遺伝しますし、
また現在、コークの翼、ジマの力、ミダの魂、エナの子と
すべての才能を持つ国民を自力で作りたいと考えているので、
3代目はこれで終わりとしても、4代目はまた子だくさんにするかも。
子孫を追っていくのがかなり大変になっちゃいますけどね(^^;

遺伝と言えば、プルトから顔にも遺伝要素がついて、
それらは通称0系から7系と呼ばれています。
公式名称ではがっしりした顔とか大人びた顔とかだったかな?
私はこれがなかなか覚えられなくて、
情報サイトと照らし合わせて答え合わせしているのですが、
上の我が一族の家系図の中のカップル、
10組中5組が4系と6系のカップルなんですw
(公式名称は逆三角形の顔と、ふくよかな顔だったかな?)
プレイヤーは才能目当てで結婚しており、
また、NPCに関しては一切干渉していないんですが、
なかなか面白いですね~。
そして今のところ、一番下の子孫たちは圧倒的に4系ばかり。
4系も悪くないんですが、せっかくいろいろな系統があるので
もうちょっとバラけさせたいな~。
とはいえ、これからもPC以外については干渉しませんけどw

あ、そういえば3代目バッソについての動画も
ニコニコにアップロードしておきました。



彼の動画というよりは、
彼が就いているサイファ評議会議長の動画ですが。