今回はファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡です。
実は、発売当時の2005年頃に何周か遊んでいましたので、
今回が初プレイではありません。
直接の続編である『暁の女神』が未クリアの状態でしたので、
そちらを遊ぶにあたってストーリーを振り返っておこうと思ってはじめました。

ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡 公式サイト



記事の性質上ネタバレが含まれますので、
閲覧の際はご注意ください。


◇総評◇
満足度 86%★★★★☆(50%が個人的に楽しめた最低ライン)
敵全滅や敵将撃破、制圧など従来の勝利条件のマップの他に、
索敵マップや防衛、離脱、到達マップなど幅広く楽しめる!
難易度もノーマル(初心者向け)からマニアック(上級者向け)まで揃っており、
シリーズに慣れていないユーザーでも徐々にステップアップしながら楽しめる。
ストーリーも種族間の対立や差別、戦争で受ける敵国・自国の被害など、
シリーズの中でもなかなかシビアなところが描写されており、
だからこそクリアで得られるカタルシスもある。
クリア後、仲間になった仲間の公式イラストをゲーム内で閲覧でき、
さらに条件が整えば、過去のGBA作品のイラストも閲覧可能なのは素晴らしい。
(ただし、聖魔は一部キャラのみ。また、現在は条件を揃えるのが困難か。
しかしながら、作品内で解決しない謎や張っただけの伏線
仲間のエピローグがないなど、続編ありきで作られていた感が見受けられる
不遇だった斧が扱いやすくなったのはいいが、
剣士職が明らかに割りを食っており、力ステータスも低ければ武器威力も低く、
さらに必殺ボーナスもない上に、奥義も火力がないなら発動するだけ無駄になりがち。
幸いにして主人公アイクは力の成長率もそれなりの上に『天空』という、
相手の守備を半減にする効果もある奥義を習得するのが幸いだが、
他の剣ユニットを使っていくには、愛やこだわりで上げ底をする必要がある。
また、一応周回によってクリア後のトライアルマップで
使えるユニットが増えるという特典こそあるものの、
烈火、聖魔にはあった支援会話回想ができなくなっているのは残念。

「続きを読む」で各項目ごとに詳細を語ってます
続きを読む