久しぶりの感想記事更新です。
今回は、「白衣性恋愛症候群 RE:Therapy」です。
ソルフェージュ~Sweet harmony~と同じ世界の作品となっております。
タイトルでなんとなく察しがつくかもしれませんが、
白衣性恋愛症候群のパワーアップ版が、こちらのRE:Therapyでして、
PSVitaやSwitchで発売している白衣性愛情依存症は続編となります。
(とはいえ、世界観が同じだけです)
(PSVita、NintendoSwitch、Steam向けに
画面サイズを拡大、そしてキャラクターグラフィックを全面見直し、一部刷新しているようです。
リマスタリング版は2019年4月19日リリースです!
※当ブログの記事の内容はオリジナル版準拠です)


記事の性質上ネタバレが含まれますので、
閲覧の際はご注意ください。



◇総評◇
満足度 78%★★★★☆(50%が個人的に楽しめた最低ライン)
社会人百合というだけでめちゃくちゃ貴重!
CERO:Cとはいえ、成人向けではないので個人的にこれもありがたい!
思わずこちらもヘコむほど病棟での仕事の描写などがしっかりしていて
看護師が主人公のドラマを見ている感覚になれるのが良かった
しかしながら、ルート分岐や分岐後の正解選択肢が分かりづらく
快適スキップがそれほど快適ではないスピードだったりと、
遊びやすさに少し欠けるという点がやや残念
豊富なバッドエンドは魅力ではあるが、展開が唐突に感じるものもあり、
その描写にも力を入れてほしかった。

「続きを読む」で全体の詳細を語ってます。
各キャラクターとそのルートに関する感想は、以下のリンクからどうぞ。
●全体感想(この記事)


続きを読む