さりゅさん

ゲーム感想とか自分で集めた非公式データとかがあるブログです。

2012年08月

理一郎の行動と鷹斗の言葉の矛盾に関する自分なりの考察

CLOCKZERO~終焉の一秒~というゲームの考察です。
ネタバレというか、全てを知った前提で書いていますので、
これからプレイする予定のある方は続きを読まないことをオススメします。
特に鷹斗と理一郎のネタバレがひどいです。
(終夜、寅之助、円はそれほどではないと思いますが、
うっかりぽろっとネタバレしてしまってる可能性があるのでご注意)


続きを読む

「CLOCKZERO~終焉の一秒~」というゲームで遊んでました。ネタバレ感想。

まとまった休みがあったので、ここ数日「CLOCKZERO~終焉の一秒~」というゲームをやっていました。
ちょっと検索すれば分かると思いますが、いわゆるアドベンチャータイプの乙女ゲーです。
テキストを追っていって途中に現れる選択肢を選んで・・・っていうやつですね。
PS2(2010)→PSP(2013)→PSVita(2015)と移植されながら
どんどんシステム改修や追加要素が加えられ、2019年6月にはNintendoSwitch版が発売されるようです。

公式サイト(リンク先はNintendoSwitch版のもの)




手持ちぶさたになってしまいがちなので、
あまりこういうテキストゲーはやらないのですが、
「主人公が小学生で、小学生と戯れることができる」という他のゲームにはない要素を見いだし購入しました。
(しばらく積んでましたけどw)

以下、ネタバレを交えた全キャラ+最終EDの感想です。
(感想はPSP版のものです)

続きを読む
メッセージ

リクエストなどありましたらどうぞ。 返信不要の場合、メールアドレスの記入は不要です。 (ブログ上で返信する際に引用することがあります)

名前
メール
本文
記事検索
Twitter プロフィール
楽天市場
月別アーカイブ
当ブログでは、株式会社アルティが権利を持つ『ワールド・ネバーランド』シリーズの画像を利用しております。該当画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/