さりゅさん

ニコニコ動画に、ワーネバの動画やゲーム実況動画をあげている人のブログです。

「白衣性恋愛症候群 RE:Therapy」をプレイしてました。キャラ雑感(あみ、なぎさ)。

というわけでこちらはあみとなぎさに関する雑感です。
ルートごとの感想もこちら。

本来は全員分まとめて掲載したかったのですが、
これもだいぶ長くなってしまいましたので記事をわけることにしました。

遊んだ順に、当時のツイートを紹介しながら書いていきますので、
次回は、さゆりとはつみに対する雑感を書く予定です。
(ただし、すべてをクリアしたあとに書いているので、
他ルートのネタバレなどもあります)

全体感想は前回の記事をご覧ください。

記事の性質上ネタバレが含まれますので、
閲覧の際はご注意ください。
全体感想のときよりもがっっっっつりネタバレです。

他記事へのリンクはこちらからどうぞ
続きを読む

「白衣性恋愛症候群 RE:Therapy」をプレイしてました。全体の感想。

久しぶりの感想記事更新です。
今回は、「白衣性恋愛症候群 RE:Therapy」です。
ソルフェージュ~Sweet harmony~と同じ世界の作品となっております。
タイトルでなんとなく察しがつくかもしれませんが、
白衣性恋愛症候群のパワーアップ版が、こちらのRE:Therapyでして、
PSVitaやSwitchで発売している白衣性愛情依存症は続編となります。
(とはいえ、世界観が同じだけです)


記事の性質上ネタバレが含まれますので、
閲覧の際はご注意ください。


◇総評◇
満足度 78%★★★★☆(50%が個人的に楽しめた最低ライン)
社会人百合というだけでめちゃくちゃ貴重!
CERO:Cとはいえ、成人向けではないので個人的にこれもありがたい!
思わずこちらもヘコむほど病棟での仕事の描写などがしっかりしていて
看護師が主人公のドラマを見ている感覚になれるのが良かった
しかしながら、ルート分岐や分岐後の正解選択肢が分かりづらく
快適スキップがそれほど快適ではないスピードだったりと、
遊びやすさに少し欠けるという点がやや残念
豊富なバッドエンドは魅力ではあるが、展開が唐突に感じるものもあり、
その描写にも力を入れてほしかった。

「続きを読む」で全体の詳細を語ってます。
各キャラクターとそのルートに関する感想は、以下のリンクからどうぞ。
●全体感想(この記事)


続きを読む

FEH プレイデータ(2017/08/20版)

FEHは、リリース当時の2017/02/02からプレイをしております。
今までの大英雄戦はすべてクリアしていて、
そのときの攻略の手順などはNiconicoにあげています。


絆英雄戦はあげていません…。
(今までにアルム&セリカとセシリア&リリーナが実施)

IDはこちら





PR:召喚師の手引(公式ガイドブック)
2017/05のアルム軍(アルム、ルカ、エフィ、クレア)登場までの
各キャラのステータス基準値とイラストが載っていて便利です。

「続きを読む」から各データ
続きを読む

近況報告など(2017/08/20)

最近ゲーム感想記事を書く(というか、コピペ)まで、
10ヶ月くらい新記事を書いていなかったことに、先ほど気がつきました。
「ツイートは頻繁にしているものの、
ブログは更新していなかったなぁ」とは思っていたのですが、
あっという間に時間は過ぎていきますね。

前述の通り、ツイートはそこそこしているので、
そちらをチェックされている方は、
今、私が何に興味を持っているかがお分かりかと思います。

ブログ用に改めてまとめさせていただきますと、
「続きを読む」からご覧ください。
続きを読む

「ぷよぷよ7」で遊んでました。感想。

こちらの記事も以前作ろうとしていたゲーム感想ブログの引っ越し記事です。
書いたのは2014年3月末頃でした。
もともとコンパイルから出ていたぷよぷよ通やSUNをよく遊んでいたのですが、
スマホゲーのぷよぷよ!!クエストを遊んでいて、
最近のキャラを知りたいと思ったのがきっかけでしたね。

--------------------------------------------------------------

◇ゲーム紹介◇
言わずと知れた落ちものパズルゲームです。
昔はコンパイルから発売されていたのですが、
いろいろあって今はSEGAから出されています。
このぷよぷよ7以降も、ぷよぷよ!!20th anniversaryや、
最近だとテトリスとのコラボ作品、ぷよぷよテトリスが出ています。
(もっとも、この二つはどちらもお祭り的な作品のようです。)

ぷよぷよ7の主人公は
コンパイル時代のアルルや
フィーバー時代のアミティではなく、
新キャラであるりんご。
アルルもアミティも魔導が当たり前に存在するような
ファンタジー世界の住人でしたが、
我々の住んでいる現実世界に近い「地球」の中学生。
空間の歪み的なものが現れて、
ぷよを消す力を得たところから物語が始まります。


続きを読む
当ブログでは、株式会社アルティが権利を持つ『ワールド・ネバーランド』シリーズの画像を利用しております。該当画像の転載・配布は禁止いたします。 (C)althi Inc. http://www.althi.co.jp/